Welcome to my blog
KYO

今週のKYO*其三〇一*「大極の神」陸の太刀~御印~

  18, 2006 02:56
 
はい、行ってまいりました!!
ということで、さっそく今週のKYO感想いってみたいと思います☆
うーん、今回はあまり進展ないかな?と思ってたのですが、買ってよかったです(笑)!
フフフ。。なんたって狂ゆやですよ、奥さん!!
ということで以下ネタばれ満載のためご注意くださいまし~♪









うわー!狂とゆやたんがまともに会話してるよ!?…初めてみたかも(笑)?
ゆやたんが狂にキスした?その瞬間、狂の背中の紅十字が輝きだし―…!
人体模型狂さんがすーっと通常モードに戻りましたよ(笑?



そして、ゆやたんの頬に手を添え、

「…大丈夫か?」

と、心配そうにゆやたんを見つめる狂。
きゃ~!!やばいです。か、かっこいい。。

狂…やはり…乗り越えたか…“鬼”の血さえも。
君に与えて正解だった…“紅の王”の御印を―‥


と感慨深げな初代紅の王。おお、久々ですねー。

狂が元に戻ったのを見たゆやたんは、
「狂―!!良かった‥‥!!元に‥‥元に戻ったのね…狂‥‥!!」
と、思わず狂に抱きついちゃってます!
しかし、はっと我に帰り、あわてて狂から離れてます(笑)。

「そ…それにしてもどうして元に戻れたの…!?」
と赤くなりながら聞くと、
「どっかのダダっ娘が人の耳元で元に戻れ戻れとがなり立てた上、
襲ってきたから思わず起きちまったんだよ」

あらら、ばっちり記憶あるじゃないですか(笑)。

「誰がダダっ娘ですってえ!?そ…それに襲ってないもん!!人の気も知らないで―!!」

と、狂をポカポカ叩こうとするゆやたん(笑)。それを防ぎながら、

「ま…それでもよ…お前の声がなけりゃあ俺は元には戻れなかった‥‥
世話かけたな…礼を言うぜ」


うっわー、狂が素直だよ…信じられん。。
この手の位置的にはついでに何かしてくれてもよかったのになぁ(笑)。。
せめて頭なでなでとかv

「そ…そっか、よかった…よかった…!!ほんと…よかった…!!」
と嬉し泣き?するゆやたん。すると、ゆやたんのキズを癒しながら、
「…どうしてそこまでオレを信じる…?こんなにキズだらけになってまで…なぜ―‥」
と聞く狂。
「……やだあっ 狂だから信じてるの‥‥あたり前じゃないっ!!」
と笑顔で断言するゆやたん。
それを聞いた狂は「…お前には借りをつくってばかりだな…」と呟きます。
と、そこへ復活した紅の王が再び現れました!
あらら、京四郎もチンメイもいつの間にかやられてますよ?!
まだ役に立つから殺しはしないという紅の王。

それを聞き、怒った狂がふたたび鬼神になりかけますが、その手をしっかりつかまえて
にっこり微笑むゆやたん。
うーん、まるで愛するダンナさまにいってらっしゃいをいう新妻のようだわ。。

愛妻のお陰で落ち着きを取り戻した狂は、人体模型になることもなく(笑)、紅の王をぶっとばします!
なんと“心”を失うこともなく真の紅き眼にもならず“鬼神”の力を使いこなしているようで。
おおー!!じゃあこれからはすっぴんで闘ってくれるのね!よかったよかった。
これが何より心配だったので(笑)!
 
しかし、なかなかにしぶとい紅の王は、本気の力を見せてやろうと、自分の分身である京四郎とチンメイを吸いこみ?はじめたではありませんか?!
あ、京四郎がミイラになっちゃった。

まずいですねー。

次号、暗転!!
 
  
  •   18, 2006 02:56
  •  0
  •  0

アニメ感想総まくり?!

  14, 2006 03:47
ということで、現在放送中の主なアニメについて、ここまでの感想?を
つらつらと書いてみました♪(かなり手抜き)
あんまりネタばれはない、はず?

『怪』~化け猫~序の幕☆
うーんと、話がよくわかりませんでしたねー。
薬売り以外はみんな顔、手抜き風だし。。
そしてあの映像が何よりしんどいかも…?岩窟王系のあれです。
うーん、やっぱり見てると酔いそうになるのでキツイなぁ。。
ということで、あんまり画面見ずにひたすら櫻井さんの声に聞き惚れていました☆
やっぱりいいわ~v

『fate』
相変わらず面白いですねー。DVD、買い決定です♪曲もいいし☆
なんといってもセイバーラブvあの口調で名前呼んでもらいたい(笑)!

『クラスターエッジ』
ようやく話が動き出しましたねー。もっと早くからこうしてほしかったです。。
ふふ、やっぱりべリルがステキ♪あとクロムも好きかな?

『シャナ』
今週、イイとこだったのに録画し忘れちゃった。。
うーん、最近若干ドロドロしすぎな気が…?
修羅場はそろそろ終わりにしてもらいたいですねー。
またシャナの「なんでもできるっ!!」が聞きたいわ。。

『かしまし』
二股かけまくりのはずむくんに、最近若干イライラしてましたが、彼は彼で苦悩していた
ようです。
たしかにどっちも選べないよなー。あ、ちなみに私は迷わずとまりちゃんを選びますv
やす菜ちゃんはかわいいしいい子だけど、ふだん“陰”な感じでおとなしいのに、突然
強気にでるところが、微妙に好きになれないかも?
「勇気」というよりは「強引」といった感じが。。
ただ、声だけ聞いてるとゆやたんなので、これがゆやたんのセリフだったら…vなどと
妙な妄想をしては喜んでますが(笑)。。

『黒猫』
話が新展開に入りましたねー。イブちゃんかわいくて萌え萌えなのですが、やっぱりトレインがメインのお話がいいなぁ。

『びんちょうタン』
相変わらず切ないです。。何?!この階級社会は!!
くぬぎたんとの生活レベルの差は!!びんちょうたんだけ傘、葉っぱですよ?!
びんちょうたんの行く末が心配で心配で、今後も目が離せません!!(なんか違う)

『蟲師』
いやー、これほんと大人向けの昔話って感じでいいですねー。
ただ、今日が最終回だそうで(涙)。。うーん、寂しい。。
当分続いてくれるんじゃ…?と思ってたので。。
 
『BLOOD+』
話、過去編も混ざってきて分かりづらいのですが、でも面白いです。
なんといっても小西さんのハジが最高ですvv
 
といった感じでしょうか?うーん、感想ともいえない感想ですが(笑)。
そろそろ4月からのアニメにも備えないとなぁ。

 
そういえば、アニメージュのデス特集?読みました~。
とりあえずアスメイが公式CPじゃない?ことが判明して良かったです(笑v
お嫁さんいわく、「良いコンビになるかもしれないし、別の道を歩いていくかもしれない」だそうです。
ふふ、あれはありえませんからねー。
お前はキラが手に入らないなら、誰でもいいのかー?!ってな感じだったので。
カガリさんとの復活を祈るばかりですわ…!(ラクス風に/笑)
  •   14, 2006 03:47
  •  0
  •  0
KYO

今週のKYO*其三〇〇*「大極の神」伍の太刀~鬼神の暴走~

  08, 2006 14:12
 
はい、やっちゃいました。火曜深夜ダッシュvv
ということで、さっそく感想いってみたいと思います♪

うっわー、もしかしてちょっとかなり前回の妄想(*本館)いい線いってたんじゃ…(笑)?!
では、以下ネタばれ満載のためご注意くださいまし~☆






















先代紅の王を斃すために、狂は超えてはならない一線を超えててしまった…
京四郎の言葉に、

そんな…狂!?
元に戻れないって それって…まさか…もう…狂に会えないってこと…?

とショックを受けるゆやたん。

そして当の狂さん、もはや人体模型のような御姿に(涙)。。
紅の王を力のみで吹き飛ばしちゃってます。すごすぎですねー。

しかし、今の狂さんは痛みすらもはや感じていないようです。。
心配そうに見つめるゆやたん。

と、そこへいつぞや死んだはず?のチンメイが!
こんな殺し合い他ではみられない!と喜んでます。真の壬生一族の血が疼くそうで。
「狂は自らすすんで一線を超え、血に負けて力を求めたんだろう?
化物は化物らしく殺し合いしてりゃあいいんだよ!!」
というチンメイに
「狂を悪くいうな!!狂は…好きで鬼神になったわけじゃない…!!
狂はみんなを護るために…!!」
と怒る京四郎。
しかし「そんなことどうでもいい、万に一つ、鬼眼の狂が勝ったところであの鬼神は世界を滅ぼすまで破壊しつくすさ!!紅の王が勝っても狂が勝っても滅びの道は誰にも止められない!!」
と笑うチンメイ。うーん、完全にコワレちゃったようです。

と、おや?ついに狂に圧倒された紅の王、大きく開いた穴の中へ落ちていったではありませんか!

その瞬間、紅の王の呪縛がゆるんだようです!ほたるたち、この隙に復活しないかしら?
しかし、さらに暴走中の狂さん、大暴れですねー。
なんとかしないと…!!と止めようとする京四郎。
しかし、それを阻んだのがチンメイです!
なるほど、京四郎の動きを止めるための要員だったんですねー。
はい、舞台は整いましたv

そして…!!


ゆやたんが狂へ向かって駆け出しました!!


やだ!!


やだ!!


やだ…!!


傷だらけになりながらも、今までの狂のキメ台詞(笑)を思い出し、必死で走るゆやたん。
なんてけなげなのかしら!!

そして……!!!!


「もう…会えないなんてやだよお…元に戻って 狂おお‥‥


と狂の腕にしがみつきました!!しかし、一瞬で振り落とされるゆやたん。
さらに狂は、あろうことか愛しのゆやたんに刀を向け斬りかかります!!
なんてこった。。

と…。

ギリギリのところで、狂は自らの左手に刀を刺しなんとか食い止めたではありませんか!

「…まさか…ありえない…!!あの鬼神に心が残っているワケねーのに…」
と驚くチンメイ。

「…あたしのこと 護ってくれたの…?」

と、涙ぐむゆやたん。

「ご…ごめんね 狂…私…大丈夫だから……
もう…頑張らなくていいから…
狂…!!おねがい…!!…もう…手が…ちぎれちゃうよ……!!」

「ねえ…狂…おねがい…」




元に‥‥戻って―――‥




あらら、キスしちゃいましたよ。。狂の首に手をまわして。しっかりと。ゆやたんから!!
(↑不満げ/笑)

その瞬間、狂の背中の紅十字が光りだしましたよ?!
しかし、同時に紅の王の呪縛も復活したようです。不気味に笑いながら、落ちた穴から這い上がってきました。。


ということで、次号「王の印!!」


いやー、今回ばかりは自分の妄想力にちょっぴり乾杯vといった感じでしょうか(笑)?(え?)



うーん…。確かに狂ゆやだけど…狂ゆやだけど。。!なんか納得がいかん。
だって人体模型にキスしてるようなもんだし(笑)。狂からじゃないし。。(ぶつぶつ)

いや、まあかなり満足ではあるのですが!
ふう、また読み返してて気になったことがあったら追加するやもしれません(笑…。

 
  •   08, 2006 14:12
  •  0
  •  0

~怪~『天守物語』大詰め☆

  06, 2006 03:36
 
はい、天守物語最終話です!
今回は闘いがメインになっちゃってたので、少し物足りなかったような?
もう少し、富姫と図書之助の心情を丁寧に追って欲しかったです。。

城を播磨守の軍勢に囲まれた富姫達。
城を侵す者は、排除しなくてはならない、と受けて立つことを決意する富姫。
侍女たちが次々に兵士をなぎ倒していき、一旦は忘れ神軍が優勢にみえましたが…。
兵のだまし討ちなどにあい、次々に皆倒れていきます。

一方、舌長姥に殺されかけていた図書之助の窮地を救ったのは、
夫に逃げられ執念で追いかけてきたお静ではありませんか(笑!

しかし、そんなお静の手を離しあっさり富姫のもとへ向かう図書之助。
もはや2人を阻むものは何もない、といった感じですねー!

しかし、突如苦しみだした図書之助は、なんだか物の怪っぽい姿になってしまいました!
それを見て恐れおののき、その場から逃げ去るお静。
うーん、アナタの想いはその程度だったってことですか…。
ここまでやってきた割にはあっけなかったです。
愛というよりもはや意地と執念のほうが強かったのかも。。?

自分の姿に「さしづめ忘れ人といったところか…」と笑う図書之助。
すべてを富姫のために捧げる覚悟をし、何にも動じることのない図書之助がかっこいいです!!

忘れ神の本来の姿になった富姫は、自ら闘いに赴きます。
一方、味方が全滅したにも関わらず、大騒ぎをしている播磨守。
そこへ図書之助が現れ、一刀の下に斬り伏してしまいます。

すべてを失い悲しむ富姫でしたが、空へ飛び立ったあぐりの元から
すべてを包むように赤い花が次から次へと降ってきたのでした。
富姫の選択は間違っていない―と言うかのように。。

そしてすべてが終わり…

城の残骸をお宝を求めて飛び回る例の物の怪2匹。
しかし、何もないとわかり、その場を後にしようとします。
そしてふと見上げた空には、楽しげにくるくると旋回する白い鷹が3羽。。

うーん、なかなかに面白かったですねー。一応、綺麗にまとまっていたのではないでしょうか?
ちょっとわかりづらい所もあったので、今度、原作も読んでみようかな☆?
次は化け猫!!怖いのでしょうか?
って、おや?今度は櫻井さんじゃないの!ふふ、かなり楽しみですvv
 
  •   06, 2006 03:36
  •  0
  •  0
KYO

今週のKYO*其二九八*「大極の神」肆の太刀~震怒~

  03, 2006 19:40
 
はい、今週のKYOです!
うーん、狂ゆやがないので若干あっさり風味となっております(笑)。
それでは感想いってみたいと思います☆以下、ネタばれのためご注意くださいまし~♪

















「黄龍がきかないなんて!先代には誰も勝てないのか―?!」
と焦る京四郎。

するとほとんど無傷に見えた、先代の額から血が吹き出しました!
ちゃんと効き目はあったようですねー。
しかし貴重な自分(神)の血が流れたことにキレる紅の王。

「許さんぞ―!」ということで、ちょっと本気を出したっぽい王に狂さん圧され気味です。

しかし狂にすべてを託し、命を落としていった村正や吹雪達の言葉を思い出し、ひたすら攻撃を続ける狂。

斃す… 斃す― 斃す―!!

ところがここで狂さんに異変が!!
なんと全身血管だらけ?の鬼になってしまいました!!

真の壬生一族は闘いにおぼれ力におぼれると、その“血”に囚われ、心を失い、
闘うだけの鬼になってしまう…そうで。まずいですねー。
今度こそただの化物になってしまったようです(笑)。
ヒーローなのに。

「狂は先代を倒すために越えてはならない一線を越えてしまった…」という京四郎。
「狂はもう…狂じゃない…!かつてそれで滅んだ真の壬生一族と同じ破壊と殺戮だけの
鬼神…!!もう元にはもどれない…!」

ということで、次回はどうなるのでしょうか?
鬼神街道まっしぐらの狂さんがどうやって正気に戻るか…これが問題です。
今までのように自らの精神力でなんとか生還するか、それともゆやたんの愛の力で…vv
私はもちろん後者希望ですが!

次号、連載300回御礼巻頭カラーだそうです!
うーん、買おうかな?
 
 
  •   03, 2006 19:40
  •  0
  •  0
KYO

今週のKYO*其二九八*「大極の神」肆の太刀~震怒~

  03, 2006 19:34
 
はい、今週のKYOです!
うーん、狂ゆやがないので若干あっさり風味となっております(笑)。
それでは感想いってみたいと思います☆以下、ネタばれのためご注意くださいまし~♪

















「黄龍がきかないなんて!先代には誰も勝てないのか―?!」
と焦る京四郎。

するとほとんど無傷に見えた、先代の額から血が吹き出しました!
ちゃんと効き目はあったようですねー。
しかし貴重な自分(神)の血が流れたことにキレる紅の王。

「許さんぞ―!」ということで、ちょっと本気を出したっぽい王に狂さん圧され気味です。

しかし狂にすべてを託し、命を落としていった村正や吹雪達の言葉を思い出し、ひたすら攻撃を続ける狂。

斃す… 斃す― 斃す―!!

ところがここで狂さんに異変が!!
なんと全身血管だらけ?の鬼になってしまいました!!

真の壬生一族は闘いにおぼれ力におぼれると、その“血”に囚われ、心を失い、
闘うだけの鬼になってしまう…そうで。まずいですねー。
今度こそただの化物になってしまったようです(笑)。
ヒーローなのに。

「狂は先代を倒すために越えてはならない一線を越えてしまった…」という京四郎。
「狂はもう…狂じゃない…!かつてそれで滅んだ真の壬生一族と同じ破壊と殺戮だけの
鬼神…!!もう元にはもどれない…!」

ということで、次回はどうなるのでしょうか?
鬼神街道まっしぐらの狂さんがどうやって正気に戻るか…これが問題です。
今までのように自らの精神力でなんとか生還するか、それともゆやたんの愛の力で…vv
私はもちろん後者希望ですが!

次号、連載300回御礼巻頭カラーだそうです!
うーん、買おうかな?
 
 
  •   03, 2006 19:34
  •  0
  •  0
KYO

今週のKYO*其二九七*「大極の神」参の太刀~最強の神龍~

  24, 2006 01:38

はい!今週のKYOです☆いよいよ紅の王戦が本格化…?!
ということで、さっそく感想いってみたいと思います♪
以下、ネタばれのためご注意くださいまし~☆















この闘いに勝たなければ…オレ達に…この世界に明日はない―‥


全力でいく―!!


なんだかかっこいいですねー(笑)。でもボニーとクライドって蜂の巣にされ
ということで、決意も新たに紅の王に向かっていく狂、京、サスケ、トラ、幸村の5人。

うっわー。ママー!!5人中3人も眼が紅いよ~!!
並ぶとすごいわ。。到底正義の味方にはみえません(笑。


しかし「まずザコどもを始末しようか…」という紅の王。
「なんやてー?!」とさっそくトラが構えるものの、腕組みしたままの王にあっさりやられてしまいます。
「次は誰かな?」ということでお次は幸村さんです!
もう限界の鶺鴒眼をさらに使おうとしますが、使う前にこれまたやられてしまいました。
うーん、恐るべし!王いわく、鶺鴒眼はスキが多い、だそうで。

そこへ「これでどうだー!」と空からサスケが降ってきました(笑。
渾身の『秘雷刃・麒麟』をお見舞いします!!
ところが、命中したにもかかわらず相変わらず無傷?の紅の王。
なんだか剣道の勝ち抜き戦みたいだわ。。

おっ、心配するゆやたんがかわいいですv

と、突然京四郎が王を背後から羽交い締めに!!
「お前は私に逆らえぬと何度言ったら…」
「わかっています だから…ボク自身にむけて攻撃を仕掛けておきました!!」

四神同時発動!!いけえええ―!!


え?そんなことして大丈夫なの?相変わらず捨て身とゆうか、投げやりとゆうか(笑)。。

と、一緒に食らったはずなのに、なぜか瀕死状態の京四郎に対し、紅の王はピンピンしてますよ。。?

ん?心配するゆやたんがかわいいぞvv(しつこい)

「捨て身の攻撃も失敗…京四郎すべては無意味だったようだね…」
という王に、
「いいえ…大成功ですよ」と笑う京四郎。
なんと、四神がふたたび王に襲いかかりました!!

あら?「なんで…狂!!」と驚くゆやたんが(以下略)

ということで、ここまでは狂が四神を発動させるための時間稼ぎだったようです。
しかし、なんと紅の王は両手を広げて…四神を止めた?!
と、きた。きました。空の彼方から…ヨロイが―黄金色の神風が!!

四神の中央に座し森羅万象を守護し

破壊する力を持つ最強の神龍‘黄龍’…


なるほどー。
狂に支えられながら、
「…狂一人でも勝てたかもしれないけど…だからって狂だけに任せっきりになんか
したくない…みんなで生きて帰るんだろ?」と笑う京四郎。
それを聞いて黙って微笑む狂…。
って、ちょっと!なんだかイイ感じじゃないのよ京狂vv(おい)

しかし、やはりダメだったようです…。まあそう簡単に斃せるわけはないでしょうが。。

「まあ少しは楽しめたかな?だが君達は知ることになるだろう―
本当の絶望をそして…神の前ではすべては無力だということを―」

攻撃を無効化された!!ってな感じでしょうか?
最終奥義もきかないなんてー‥!!
確かに困りましたねー。
切り札使い切っちゃった気がするのですがこれからどうするのでしょうか。。
唯一の安心材料は狂がまだぴんぴんしてることくらいでしょうか(笑)?
フフ、アナタにはまだまだ頑張ってもらわなくちゃいけませんしねv

ということで、次号「鬼の血!!」

ふと思ったのですが、るるラスボス説とかってないですかねー(笑)?ないかなぁ?
ほらクビラだかなんだかの時も人形が本体だったし!!
そんな感じで☆(どんな感じだ)
 
  •   24, 2006 01:38
  •  0
  •  0

『天守物語』三の幕☆

  24, 2006 01:22

うわー、富姫かーわーいーいーvvなんてこった。
にしてもかなり人間っぽくなってきましたね~

街に下りて図書之助とのつかの間の幸せを満喫する富姫。

しかし、やはり舌長姥がお迎えに…
仕方なく白鷺城に戻る二人でしたが、そこには力が弱った侍女の姿が。。
富姫が人間に近づきすぎたために、一族の力まで弱り始めたようです。

やはり出逢ったのは間違いだった、今度あったら殺す、という富姫。
一族のために別れを決意といった感じでしょうか。

うーん、にしても緑川さんの声やっぱりイイですねー☆
ちなみにこの組み合わせって秀麗&静蘭ペアですよね?!
きゃー、今から妄想が…vv

そして、仕方なく城を去った図書之助は婚約者のなんとか(忘れた)と祝言をあげちゃいましたよ?

とりあえず穏やかな日々を送る2人でしたが、ある日図書之助が隠し持っていた富姫の櫛を見つけた妻?は嫉妬にかられ、殿様に「鷹は白鷺城にいる」と直訴します!
そこであの馬鹿殿は白鷺城を攻めることに!
それを知った図書之助は急いで白鷺城へ馬を走らせます。

「あなたと添うことがかなわないなら、その手にかかって死にたい」という図書之助。
かっこいいです

図書之助を斬ろうとする富姫でしたが、やはり斬れずに図書之助に抱きついてしまいました。

あらためて愛を確認する2人でしたが、外にはすでに大軍がせまり…!!

おや、妻が志願して?またしてもここに乗り込んでくるようです。
うーん、早々に消えるかと思いきや、この妻けっこうしぶといですねー。

さて、追い詰められた2人はどうなるのでしょうか?
次回、早くも最終回ですねー!!今から楽しみです
 

  •   24, 2006 01:22
  •  0
  •  0

~怪~『天守物語』二の幕☆

  17, 2006 03:18
tenshu_01.gif

tenshu_02.gif


 
いやー、面白いですね~!富姫が綺麗でいい感じでした!
ちゃんと妖しい感じも出てたし(笑。
『四谷怪談』があまりにも凄まじかったので、ちょっとほっとしました。。
いや、前回はすごく力が入ってるのは伝わってきたのですが、ちょっと鋭すぎたような気がします。
あと、お岩さんの声もちょっと高すぎで合ってなかったのが残念でした。。
今回は緑川さんと勝平さんに期待といった感じなのですが、勝平さんの物の怪、
妙にテンション高めだったのが笑えました。
ふふ、とにかく次回も楽しみです

とかなんとかいってるうちにもう第2話に…(笑。

鷹を探すため、物の怪とともに白鷺城へ向かう図書之助。
そしてふたたび富姫と再会します。
しかし、またしても富姫は図書之助の命を助けます。 

惹かれあう富姫と図書之助はついに…!!
富姫のお母さんのエピソード?が良かったですねー

そしてとうとう隣町まで(笑)愛の逃避行をしてしまいます!
これを聞いたときの舌長姥が怖かったです。。
さて、地の果てまで追いかけられるのでしょうか?

ちなみに、あの図書之助の婚約者はこれからなんらかの形で絡んでくるのでしょうか?
白鷺城へ乗り込んではみたものの、2人の現場を目撃して逃げ帰ってしまいましたが…。
なんだかこのままでは終わらない感じが。。

にしてもようやく元ちとせのEDがしっくりくるようになりましたね~
『四谷怪談』のときは違和感がありすぎたので。。
ただあのOPは、ねー。いや、面白いですよ?面白いのですが…。
観た後しばらく「魑魅魍魎!!」が頭から離れなくて困ります(笑。。
 
  •   17, 2006 03:18
  •  1
  •  0

灼眼のシャナ18話&「紅の静寂」♪

  12, 2006 23:01
ということで、メイトで石田燿子「紅の静寂」をゲットしてまいりました~♪
いやー、いいですねーしばらくはヘビロテ決定?!
無性にヴィルヘルミナー!って叫びたくなる感じ?(どんな感じだ)

そして、今週のシャナはなかなか修羅場?でしたねー!
ミサゴ祭りを舞台にみんなのさまざまな想いが交錯してて切なかったです。
にしてもオガちゃんがここで告白するとは思わなかったのでびっくりです。
田中よ、今すぐ返事しろ!贅沢だ(笑)!

そして浴衣シャナがカワユイのなんのって!もう萌え萌えでしたv

さて悠二がトーチだと知った吉田一美(なぜかシャナ呼び)はどうするのでしょうか?
シャナと悠二が全部話すのかな?
にしても、ここまで関係者が身近な人間ばかりってのもすごい(笑)。。

うーん、次回も楽しみです



 
  •   12, 2006 23:01
  •  0
  •  1