『彩雲国物語』~青嵐にゆれる月草~読みました☆

ということで結局一晩で一気に読んじゃいました…。
ので簡単に感想いってみたいと思います♪

*****

ええっと、相変わらず面白かったです☆
前回よりしんどくなかったかな?
清雅くんのイジメが前回ほどひどくなかったからか、秀麗ちゃんに耐性がついてきたからかはわかりませんが…(笑。
前回は秀麗ちゃん自身にもイライラさせられたのですが、今回はしっかり張り合ってくれてたので良かったです。

にしても秀麗ちゃんへの清雅くんの異様な絡みっぷりといったら…。
これも一種の愛…(笑?

ちなみに今回は楸瑛苦悩の巻でしたねー。
なんとかまた劉輝の元に帰ってきてもらいたいものです。
にしても王から下賜された剣を返上するなんて…あなたの覚悟はそんなもんだったの?!とちょっぴり思わなくもないかも(涙。。
そして絳攸様の出番の少なさといったら…。
とはいえ、この二人にまたスポットがあたってよかったです。
いつドナドナされるか内心ひやひやしてたので(笑。

そしてやっぱり今回もはっきりしなかった秀麗ちゃんの病気の話。
気になりますねー。
相変わらず伏線がいっぱいです。
あと、静蘭が生き生きしてて安心しました(笑。
ただ、これまたもう少し出番があっても良いのではないかと…!!

フフ、とにもかくにも次巻が楽しみです♪

彩雲国物語―青嵐にゆれる月草 彩雲国物語―青嵐にゆれる月草
雪乃 紗衣 (2007/03)
角川書店

この商品の詳細を見る

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  彩雲国物語
  • 『彩雲国物語』(さいうんこくものがたり)は、雪乃紗衣の少女向けライトノベル小説作品およびこれを原作としたテレビアニメ作品である。
  • 2007.04.07 (Sat) 11:54 | 検索キーワードRSS情報