『ミミズクと夜の王』読了~☆

ミミズクと夜の王 ミミズクと夜の王
紅玉 いづき (2007/02)
メディアワークス

この商品の詳細を見る

 
ずっと気になってたので、電車用に買って読みました~!
えっと、面白かったです♪

*あらすじ*

魔物のはびこる夜の森に、一人の少女が訪れる。
額には「332」の焼き印、両手両足には外されることのない鎖、
自らをミミズクと名乗る少女は、美しき魔物の王にその身を差し出す。
願いはたった、一つだけ。「あたしのこと、食べてくれませんかぁ」
死にたがりやのミミズクと、人間嫌いの夜の王。
全ての始まりは、美しい月夜だった。
―それは、絶望の果てからはじまる小さな少女の崩壊と再生の物語。
第13回電撃小説大賞「大賞」受賞作、登場。(7&Y書籍紹介より)

*****

とってもストレートで分かりやすいお話です。
前半は話の展開も遅く、キャラや設定も掴みづらかったのでちょっとじりじりしましたが(せっかち?)途中からどんどん引き込まれましたねー。
直球だから素直に泣ける、といった感じでしょうか?

夜の王が素敵。でもちょっと心の変化がわかりづらすぎるかも?
もう少し描写があってもよかったように思います。
そしてあの不器用さ具合は狂に通じるものがありますねー!
ちょっときゅんきゅんしました(笑。
「好きにしろ」とか「馬鹿はお前だ…」とか、ねv

最後の方のミミズクはお城での生活のせいか、話し方が少し変わっててちょっと違和感が(涙。
かなり大人っぽい難しい言葉を使うようになってました(笑。
はじめの話し方に戻す必要はありませんが、たどたどしくてももう少しミミズクらしい言葉まわしのほうが訴えかけるものがあったのではないかなぁと。。
「たいしたことじゃあないわ」みたいな。この台詞はけっこう好きです。

登場人物がほとんどいい人。
でも、それぞれちゃんとキャラがあってよかったです。
個人的には聖剣夫妻(笑)が好きですねー。
あの温かさを手放してでもフクロウのもとに行きたいと願うミミズクが健気で可愛いです。
またぜひ読み直したいです。

いわゆるラノベっぽくはないけど、だからこそできた、文学風味の新たなライトノベルといった感じでしょうか?
 
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment