しろがねの鴉☆第3夜「盗賊のはじまり」☆

今日はちゃんと感想書けそうです。
以下、ネタバレありのため、ご注意ください☆





はい、ちょっと話が動きはじめましたねー。
なかなかに面白かったです。

新キャラ登場☆

ちっちゃいけど超タカビーなアガペという黒尽くめの女の子。
なかなかにいい味出してますね。こういうキャラはけっこう好きかも(笑?
自称貴族のアガペですが、時折でる悪態や庶民派、を通り越したオヤジ臭さがナイスです(笑。

さて、今回ジャンとルールーの二人は、病気の子供のためにセキュリティ万全のミッソーニ博物館から薬草を盗んできてくれるよう頼む父親と出会います。

魔王石しか盗まないと言い切り依頼を断るジャンに対し、やはりほうっておけないルールー。
一人で博物館に忍び込むルールーでしたが、予想以上に苦戦(笑。
警備に気付かれ万事休すと思われたそのとき、壁を壊しながらやってきたのはほかでもない、薬草を小脇にかかえたジャンでした。。

「人の為に盗みはしないんじゃなかったの?」

と聞くルールーに、

「…そんなんじゃねえよ 誰の為でもねえ オレが欲しかったから盗ったんだ!!」

と言うジャン。
それを聞いて嬉しそうに微笑むルールー。

そして楽しく?逃げ切った二人は父親のもとにこっそり薬草を届け、帰ろうとします。
すると、突然「魔王石」のあるところにしか現れないはずの鴉が襲ってきて…!
しかし、それを木陰から見つめているのは…なんと依頼主の父親ではありませんか!
な、なぜ?!

ということで、次号「赤キ風!!」

さて、しばらくはやっぱりこの二人の冒険譚なのかな?
とりあえず来週も楽しみです。
 
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment