LaLa8月号『金色のコルダ』第40楽章感想☆

きゃーっ!!
姉さん、事件です!!

なんと早くも?PS2で
金色のコルダ2・アンコール発売決定☆
だそうです!!

あわわ、どうしよう!
今回の舞台は「コルダ2」のその後、1月から2月の星奏学院だそうで♪
きゃ~!つっきーと加地くんの冬服、素敵すぎますv
きゅんきゅんですねー

にしても2月まで、ということはその先があることを期待しても良いのかしら…(笑?
ただ、卒業シーズン迎えちゃうと留年でもしない限り、3Bコンビは王崎先輩ポジションになっちゃうからなぁ。
ぜひゆっくりペースで進めてもらいたいものです。
にしても香穂子、今度はオケストラ(笑)のコンミスですか!
出世しましたね~。うーん、どきどき♪

さらにLaLaスペシャルのコルダ読みきりはなんと加地くんの始まりの物語だそうで。き、気になる。。今から楽しみです☆

さて、遅くなりましたが、今月のコルダ感想を。

*****

えっと、名付けるなら「惹かれあうLRv」といったところでしょうか(笑?

さて、金やんから参加者に最終セレのテーマが伝えられます。
今回のテーマは、「かけがえなきもの」

と、そこへ天羽さんがやってきて、2年生参加者の特集を組みたいと言います。
しかし、LRの二人はあっさりシカト(笑。
とりあえず1年生二人にターゲットを変更する天羽さん。強いです。

一方、香穂子は最終セレの演奏曲を決めたようですね~。
あ、今日もツインテールでかわゆいですv
と、廊下でばったりつっちーに遭遇。
(観覧車デートに)付き合せて悪かったな…と言うつっちー。
全然平気だったよ、といいつつ崎本さんのことをさりげなく口にする香穂子。

「彼女…崎本さん 元カノなんだね 土浦くんの!」

「え?」

「すごくかわいいし“梁太郎”とか名前で呼んでるし
私と月森くんお邪魔だったんじゃないかな―…」


うーん、思いっきり「気にしてます」発言をしてますねー。
ところがすかさずつっちーは

「そんなんじゃない」

「え?」


「崎本とはもうなんでもないんだ」とはっきり否定します。
こういうところは男らしいっちゃ、男らしいかな?
そして真剣なまなざしで香穂子にそっと手をのばし、


「俺は……」


と、何か言いかけます。
うっわー、もう告ってるようなもんじゃないのよ!…なんてこった。
ところが、ここでタイミング良く(笑)?邪魔が入ります。
つっきーと伴奏者の男の子が痴話喧嘩しちゃったようで、

「そもそも無理なんだよ
月森くんと同じレベルを求められたって!もう嫌だ!!」


と練習室から飛び出していく伴奏者。
残されたつっきー、さすがに少し浮かない表情をしてます。
そこでつっちーの告白はうやむやになっちゃったのかな?

翌日、つっきーと伴奏者とのことを心配した香穂子は、伴奏者をつかまえ、なぜか必死でつっきーのフォローをしてます(笑。
そんな香穂子の気持ちを考えたつっちーは仕方なくつっきーに事情を訊ねます。
伴奏者につっきーが肝心なことを何一つ伝えていないことを知り「バ…バカじゃねーの?」と内心呆れ返るつっちー。

―俺は基本的にこいつのことは気にくわない…(略)
だけどくやしいことに
実力は本物だ それは認めざるをえない 
更に…まあこれもあまり言いたくはないんだが…



―単純に 興味がある


おいおい、それってかなり好きなんじゃないか?
と思ったら一応続きがありました。

俺のピアノとこいつのヴァイオリンはどう響く……?

ということで
「なあ…月森」

「俺は……お前のことが…」(んなわけない)

「弾いてみろよ どの程度のものか―俺が伴奏してやるよ」
と、つっきーの伴奏を申し出ます。
そんなこんなで、LR夢のセッションが実現しましたねー。
互いに驚いた表情をしたあと、目を閉じて自分たちのハーモニーに浸る土月(笑。
そんな二人の演奏を聴きながら、最近、こんな人たちと一緒に演奏できるのはラッキーなんじゃないかと思うようになった、と話す香穂子。
それを聞いて伴奏者の彼もちょっと前向きになったようです。
ついでに天羽さんもこの幻のコラボレーション(笑)の特ダネをゲットできて、とりあえずめでたしめでたし、といったところでしょうか?
 
えっと、なんだか長くなっちゃったので、LaLa全体の感想はまた後日。。?

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment