しろがねの鴉☆第5夜「魔王石」☆

はい、星奏学院祭に夢中?で(笑、感想書くの忘れてました。。
ではさっそく。以下ネタバレありのためご注意ください☆

*****

ジャン達の前に現れたカザミ+その他大勢(笑。
互いに自己紹介しますが、両者負けず嫌いとみえてどっちも引きません。
と、その隙にジンがマコリカ君の薬草をルールーの手から盗ってしまいます。
薬草をネタに魔王石のありかを吐かせようという魂胆のようで。
ヒドイじゃない…!!というルールーに、
「オレ達は盗賊…悪党なんでね。ヒドくてけっこう…(略)小僧が死のうが生きようが関係ねえな」
と返すカザミ。

「それは…それはマコリカ君の命を絶対助けたい、マコリさんの“願い”なのよ!!かえしてー!!
とルールーが叫ぶと、同時にジャンの左拳がカザミに向かって繰り出されます。
しかし、
「その右手の力を使い果たしているのはわかっている…そんな状態じゃオレは斃せねえ…」
とばっちり止められてしまいます。
ところが左パンチはフェイクだったようで、いつの間にかジャンの右手の人差し指はカザミの眼の前に。。!

「お前の片眼ふっとばすぐらいの力は残ってる!!」

と一歩も引く気配のないジャンに、何を思ったかカザミは突然、
「気に入ったぜ!!」といい、薬草をあっさり返します。
こうゆうところはやっぱり狂みたいですねー。
信念のあるヤツは好き、みたいな(笑。

そして早速マコリさんに薬草を渡そうとすると、薬草はマコリさんの手をするりと通り抜けてしまいます。
実はマコリさん、すでにお亡くなりになっていたようで。。

「オレは…もうこの世にいねえ…『魔王石』の創り出した幻影だからな…」

かつて外で好き勝手していた頃、ひょんなことから「魔王石」を手にしてしまったマコリさんは、すぐに命を狙われ、あっさり死んでしまったそうです。
そして死に際に魔王石に願ったのは…「息子の願いを叶えてやってほしい」というもの。

ところが、マコリカ君の願いはただひとつ「お父さんに帰ってきて欲しい」だったようで、気付けばマコリさんは家に帰っていたのでした。。

消えかけているマコリさんに「薬草なんかいらない、どこにも行かないで!!」と泣くマコリカ君。
しかし、そんなマコリカ君をジャンが殴ります。

「お前の願いはオヤジさんが叶えてくれた 
今度はお前がオヤジさんの願いを叶えてやれよ」

と。
それを聞き、ぐっとこらえて、薬草をつかむと涙を流しながらも、
「見ててくれ!!父ちゃん…!!オレ…必ず元気になって父ちゃんみたいな最強の賞金稼ぎになってみせるよ!!」と宣言するマコリカ君。

「ああ…見てるぞ 母さんと二人でな…」

ここらへんはクビラ&アンテラ親子ともかぶってるし、上条先生のお得意のくだりなのもわかってるのですが、やっぱりちょっと泣けますね。。

「…ありがとうよ盗賊さん オレの願いを叶えてくれて

…あんた方が魔王石で何を願うのかは知らねーが

人の本当の願いを叶えるのは魔王石なんかじゃなく

人…自身……なのかもしれねーな…

きっとこの台詞に、上条先生が今回の作品を通して伝えたいメッセージの一つが込められているのかな?

そして完全にマコリさんの幻影が消えたあとに残されたのは、なんと皆が追い求めてやまない「魔王石」ではありませんか!!

さて、この魔王石は誰の手に渡るのでしょうか?!

ということで、次号「ジャンの願いは!!」
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment