ネウロ第124話「病」【やまい】読みました~☆

日々かっこよさに磨きがかかってるネウロ様に、
もうどきどきがとまりませんねー。
一コマ読むごとにのたうちまわってます(笑。。
ああ、もう大好きvv

ということで、感想いってみたいと思います♪

*****

シックスには「6」と「Sicks」、二つの意味があったんですねー!
さすが松井先生。深いです。

前回に引き続き、シックスとネウロの交渉決裂場面から。

謎を解いてくれ!とネウロに訴える館の人々。
それに対し、ネウロは「黙れ」と一言。
『謎』は天然ものが一番、というネウロ。
脅迫されて作らされた「謎」など問題外、だそうで。
「プライドを取り戻せ 人間共よ」というネウロの言葉に、
はっと我にかえる人々。
しかし、その次の瞬間、
「つまらん」
というシックスの手で、全員、館もろとも爆破されてしまいます。
ネウロは人間とは離れすぎているので、つまらないほど考えが合わない、ということだそうで。
そして、以下シックスの論理。

・人間はチンパンジーを守る→頭が悪いから。
・人間は優れた類人猿を全滅させた。→頭が良かったから。
 =近いからこそ怖い、いつ寝首をかかれるか疑心暗鬼。

つまり、人間よりほんの少し進化した血族であるシックスらにとっては人間こそ滅ぼすべき猿なのだと。
どうやら、彼の目的は「種の確立のため」のようです。

Xのことを尋ねるネウロ。
おお、なんだか人間っぽい発言(笑。
サイは再び、実験動物生活に戻ったそうです。
うーん、この感じだとXも後々ネウロ軍団に仲間入りしそうですねー。

人間に対する考え方が決定的に異なるネウロとシックス。
そして今週の名場面(笑。

「全ての人間は我が輩の食糧であり、
我が輩の所有物(オモチャ)だ。
我が輩だけがいじくる権利を持っている。」

とネウロ。「全ての人間」のとこは「ヤコ」にしても十分イケると思いますが…v
それに対し、
「違うね 全ての人間は私の敵であり私の所有物だ。
私だけが壊す権利を持っている。」

とシックス。
おいおい…。
まあネウロにとっては餌場を荒らされることになるわけだから、黙って見過ごすわけにはいかない、といった感じでしょうか?
目的はなんにせよ(笑、ネウロ様、結果的には人間の強い味方になりそうです。

**

「…とまあお互いさわやかな笑顔でその茶会はお開きになった」

とヤコに経緯をあっさりと語るネウロ。
前から思ってたのですが、なんだかんだで「今日の出来事」の要点?をしっかりヤコに語るネウロ萌え(笑v

そしてそれを聞いた弥子ちゃんの感想。

―なんという ドSサミット!!

…もう、あまりにも的確すぎて、爆笑してしまいました。。
弥子ちゃん最高!

「奴と我が輩は同じ世界に存在する事はできないのだ」

ということで初めてネウロが「敵意」を露わにしましたねー!

次回は束の間の日常だそうです。
かなり楽しみ~!そろそろネウヤコのラブラブが見たいv
そして嬉しいことに今週は土曜が発売日!わくわく。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment