ネウロ第125話「母」【はるか】読みました~☆

といっても今回は読みきり風なので、とくに大事件はなしです。
では、感想簡単にいってみたいと思います☆
以下、若干ネタバレありのためご注意くださいませ~♪

*****

今回は久々の登場、弥子母遥さんと弥子のほのぼのコメディでした。
・昼ごはんの材料買いになぜかホームセンターへ行く弥子母。
・バリバリのキャリアウーマンなお母さんの唯一の欠点?はそのテロ行為並みの料理だそうで。
・確かにテロ行為そのまんまでした。
・「謎」の気配が生まれることを伝えるため、わざわざホームセンターまでやってくるネウロ萌えv
そうか、そんなにヤコに逢いたかったかー(笑!
そしてヤコ母とも意気投合のネウロ。


「あ あなたヤコの助手さん やだー久しぶりね」

「助手さんだなんて水くさい
ネウロと呼びすてて結構ですよお母様!!」


お母様って!
ふふ、母親も公認でもう二人の将来は安泰って感じですね(笑!
 
とんでもない料理を作り、家を爆破してしまった遥さんでしたが、どうして料理をしようと思ったの?と尋ねる弥子に、一緒に料理したくなった、という母。

「ヤコ 不安だって一人で抱えちゃいけないよ?」

「そんな時は一人で悩んでたってしょうがないよ

私でもいいし、友達でも、さっきのネウロ君でもいい

誰かと一緒に楽しく過ごして忘れちゃえ」


なんだかんだで落ち込んでる風な弥子ちゃんを元気づけたかったみたいですねー。
うーん、ここでこれまで結構放置だった母が登場した理由は、
シックスに狙われるフラグか、それともしばらく家を空ける前置きか…。
ちょっと心配です。

さて、次号は面白番外編ということで、警視庁ギャグか…?
笹塚さんか笛吹がメインなのかな?
ちなみにアニメ放送直前特大センターカラーだそうです☆

そして、谷山吾代変更の件、もしかしてアニメワンピのせい?
どうやらワンピースが原作に追いついちゃったため、次のクールからアニメオリジナルストーリーになっちゃうそうなのですが、そこできーやん、新キャラの声やるっぽいです。(昨日の「君らじ」で谷山さんが言ってたので。。)
同じ集英社だし、出番の回数とか収録の都合とか考えたら、こっち優先したとしてもしょうがないのかなぁ。
今のところ一番納得がいくかも?
 
明日は残念だけど、せっかくなので楽しんできたいと思います♪
 
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment