黄昏の―‥

買ったのにまだ読んでなかったよ!?シリーズその1(笑。
『ARIA』11巻ようやく読みましたー!

ARIA(11) 初回限定版 [ブレイドコミックス] (BLADE COMICS) ARIA(11) 初回限定版 [ブレイドコミックス] (BLADE COMICS)
天野 こずえ (2007/10/03)
マッグガーデン

この商品の詳細を見る


今回はどのお話もなかなかに良かったです。
いや、いつも面白いのですが、今回のはとくにジーンとくるものが多かったような?
そして最後の「黄昏時」。
いよいよ…って感じですね。
これまで3人でしてきた自主練習も、これからは灯里と藍華ちゃんの2人ですることになるのかな?
物語が少しづつ終わりに向かってるような気がします。。
ケットシーとももう会えなくなるみたいだし、いよいよ灯里ちゃんが大人に、
そして一人前のウンディーネに近づきつつある…といった感じなのでしょうか?


いつもの日々を繰り返して

私達はいつか大人になっていく

過ぎ去っていく火星での日々を

私は絶対に忘れないだろう

とても暖かくてどこか懐かしい

この愛おしい日々が

蒼い結晶となってこの胸に刻みこまれているのだから

              「ケット・シー」より


うーん、切ない…。
『ARIA』のモノローグは毎回胸に沁みますね。。
アニメ第3期はこの11巻のお話で終わりそうな予感が…?

 
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment