『伯爵と妖精』「紅の騎士に願うならば」読みました~☆その1



伯爵と妖精紅の騎士に願うならば (コバルト文庫 た 16-33)伯爵と妖精紅の騎士に願うならば (コバルト文庫 た 16-33)
(2007/12/26)
谷 瑞恵

商品詳細を見る


ああもう、最高でした☆

私が思うに、谷先生は百パー ですね。

なんだあの面白さは?!思わずごろんごろんのたうちまわってしまいましたよ。。
メイトで買った後、待ちきれずにすぐ読み始めたのですが、
とにかくいたるところでニヤけてました。。(危)

それでは、以下若干ネタバレありのためご注意くださいまし~☆

*****

リディアの前にファーガスという、許婚を名乗る男がフェアリードクターとともに現れます。
結婚をせまるファーガスに早速エドガーが牽制。萌え台詞はもちろん…

「僕からリディアを奪えると思ってるの?」

ですね。
くす、と笑ってファーガスを階段から突き落とすドSっぷりがステキです☆
今回は、しょっぱなから飛ばしてましたねー(笑。

しかし、一方でプリンスの記憶を抱え、毎晩悪夢に悩まされるエドガー。
リディアの反応が怖くてそのことを告げられずにいるようです。
エドガーが何か隠していることを察したリディアは彼を問い詰めますが、
決して話そうとしないエドガーとまたしても?すれ違ってしまいます。
エドガーもどうしていいのかわからないようですねー。

そうこうしているうちに、リディアとロタ、護衛役のレイヴン&ニコ、
そしてリディアを追いかけてきたファーガスの4人と一匹?は、
これまたリディアを花嫁にしようとやってきた巨人によって妖精界へと連れ去られてしまいます。
途中、ファーガスと2人きりになってさまよっていたリディアの前にケルピーが登場☆
おお、久々ですねー!いろいろケルピーなりに考えていたようです。
とりあえず、リディアのことはあきらめた、というかエドガーとの関係を受け入れたようですね~。
まあ、あれだけいろいろ見せつけられたら、諦めざるをえないか。。
ちょっとかわいそうかも?

そんなこんなで人間界へ戻ろうとするリディアとケルピーでしたが、ケルピーは
リディアに影がないことに気づきます。
どうやら、婚約指輪を巨人に奪われたために、リディアも囚われの状態にあり、
妖精界から出られないようで。。
それでもエドガーのそばに戻りたいと強く願うリディアは、ケルピーにチェンジリングの魔法で
人形と自分とを入れ替えてほしいと頼みます。
結局、まったく外見の異なる娘「リズ」としてエドガーの前に現れたリディアは、記憶喪失を装い、
なんとかエドガーの屋敷でやっかいになることに成功…?
しかし、相手に気づいてもらえなければこの魔法は解けないため、リディアはエドガーに
気づいてもらおうとあれこれ試しますが…。

うーん、リディアがエドガーに別人として接しなくてはならない場面は切なかったですねー。
行方不明になったリディアが心配なこともあり、「リズ」にはそっけなくよそよそしいエドガー。
うれしいはずなのに悲しい。。難しいですねぇ。
ただ、リディアと結婚するからには、これくらいのことエドガーには、
日常茶飯事と思っててもらいたいものですが〈笑。。

つづく…?

あ、ドラマCD第2弾でますねーvわーい☆

伯爵と妖精 紳士の射止めかた教えます ドラマCD伯爵と妖精 紳士の射止めかた教えます ドラマCD
(2008/05/09)
谷 瑞恵

商品詳細を見る
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment