*みかんのかんづめ*

『金色のコルダ』『薄桜鬼』『伯爵と妖精』のためならどこへでも☆ただいま『ユーリ!!! on ICE 』『赤髪の白雪姫』を熱烈応援中♪

Take a look at this

スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

イタズラなKiss第22話「最高のプレゼント」

  07, 2008 04:03
昨日は本当に素敵な一夜でした!

アニメの後半は最近見たばっかりだし、名場面に関してはセリフ暗唱できるほど覚えてるので(笑、
そんなに新鮮さはないかな?と思ってたのですが、大スクリーンで一気にみるとまた違った感動が
ありましたねー☆
いやー、良かったです。
あらためて入江くんに惚れ直しましたv
何度みても、先がわかっていても面白いところがイタキスマジックなのかなぁと
そして興奮冷めやらぬうちに…!と、起きてから早速録画しておいた昨日の22話を見たのですが…

ダメでした。

今回のラスト、もう原作の最後の場面に追いついてしまっていて。。
端折ってある点については話数上仕方ないことなので納得しているのですが
やはりいざこのシーンが来ると、9年前のショックや、もうこの先の原作がないんだ…という現実を
あらためて目の前に突きつけられた感じがして涙が止まりませんでした。。

この先のお話は多田先生の残されたプロットを元に監督やスタッフが何度も話し合いを重ねて
校正しながら脚本を作られたそうです。
じつは先生のプロットはまだ漫画になる前の段階ものだったため、イタキスの大事な要素である
笑いの部分がなく、それだけを読むとかなりシリアスな展開だったそうで。
それをもとにどうやって「イタキスらしさ」を出していくかで監督もかなり苦労されたとのことでした。

多田先生には、ぜひこのアニメを見てもらいたかったですね。
ただ、多田先生が御存命であれば、このアニメはできていなかったかもしれないし、
できていてもまったく違った形になっていたのかなぁと思ったり。。
でもアニメを見てファンになったという方もいらっしゃるみたいでとっても嬉しいですね~!
これを機に、またいろんな形で展開してさらにイタキスワールドを広げていってほしいです☆
あ、でもあの舞台化はちょっとなぁ。
これってやっぱり「イタミュ」になるのかしら(笑?

***

えっと、昨日のレポはまた追々かいていきたいと思います。
あ、S・Aのレポも忘れてませんよ~v

最後になりましたが昨日『彩雲国物語』、『伯爵と妖精』、『イタズラなKiss』の各感想に拍手をくださった皆様、本当にありがとうございました~!

 
スポンサーサイト
  •   07, 2008 04:03
  •  0
  •  0

COMMENT - 0

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。