スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実況…(笑?


アルトーッ…はとりあえずおいといて(え、
イタキス24話「ハッピー・ラブ・カーニバル」リアルタイム感想?です(笑。


あ、琴子髪切ってますねー。ママ仕様ということでしょうか?
長いほうがらしくて好きだったのですが…。ざんねん。

琴子、かなりお腹が大きくなってますが、仕事はぎりぎりまで続けるとのこと。
ちなみにクリスも子供ができたそうでおめでた続きですね☆

一方、論文の締切で忙しい入江くんとそれを気づかう琴子。
忙しいながらも充実した日々を送る二人でしたが…
なんと、琴子が妊娠高血圧症で倒れてしまいます。
入江くんを気遣うあまり、具合の悪いことを言い出せなかったようで。。
幸い軽症ですんだようですが、琴子の変化に気付けなかったことで自分を責める入江くん。

「旦那、失格だ―…」

ほんと変わりましたねー。
しかし、落ち込む入江くんをフォロー?したのはなんと裕樹くんではありませんか!

「お兄ちゃん変ったね。昔のお兄ちゃんはいつだってクールだった。
そんなお兄ちゃんにずっと憧れてたけど―」


と語ります。苦笑しながら入江くんが「失望したか?」と聞くと、

「ううん、今のお兄ちゃんのほうがカッコイイと思うよ。」

と答える裕樹。ナイス!!
そして裕樹の成長に合わせて何気にちょっとずつ声を変えている朴ロミさんが素敵w
今回のことを謝る入江くん、出産に立ち会うことを琴子に約束します。

一ヶ月後…

ダメもとで入江くんをマタニティ教室に誘う琴子(笑。
なんとこれまた快諾☆
うーん、入江くんも丸くなったものねー。(遠い目)
と、そのマタニティ教室の最中に陣痛が!
いよいよ出産というときに、突然病院に松本裕子が運びこまれてきます。
会社で血を吐いて倒れていたようで。
ところがタイミング悪く、手術の執刀をできる医者が誰もおらず―。
しかし松本さんの容体は悪くなっていく一方で。。
すると突然琴子が現れ、「松本さんを助けてあげて!」と入江くんに頼みます。
「入江くんならきっと大丈夫だよ!私もがんばる、だから入江くんも―‥二人でがんばろう?」と。
その言葉に背を押され、意を決した入江くん「オペの準備をお願いします。」と執刀を宣言。
しかし、入江くんはまだ経験の浅い新人ということで、ためらう看護師長や主任でしたが、
「入江くんを信じてください!絶対に絶対に成功しますから!!」と訴える琴子の言葉に
心動かされたようで、手術は入江くんの執刀で行われることに。

そんなこんなで入江くんは出産に立ち会えなくなってしまいました…(涙。しかたありませんが。。
しかし、
「そうよがんばらなきゃ、入江くんだってがんばってるんだもの!」と必死で自分を励ます琴子。
強くなりましたねー!
「こんな日がくるなんて思ってもみなかったな」とこれまでの入江くんとの思い出を走馬灯のように?回想する琴子。
私も思ってもみませんでしたよ(笑。

そして―

松本さんの手術を無事終え、琴子のもとへ駆けつけた入江くんが目にしたのは―
赤ちゃんを腕に抱いて微笑む琴子の姿でした。

「おつかれさま」

と優しく琴子のおでこにキスをする入江くん。うっわー、もう甘々じゃないですか!!
さらに赤ちゃんを腕に抱いて、

「ありがとう、琴子」

と言います。ああ、入江くんに言われたい。(おい)

そして4年後―

赤ちゃんの名前は琴美ちゃんになったんですねー!
なかなかに生意気で琴子そっくり?です。
入江くん大好きなところとか。ママと真剣に張り合ってますよ(笑。
そして家族3人でお出かけv
琴子に琴美ちゃんがキスをすると、琴美ちゃんに入江くんがキス、そして最後は琴子と入江くんが―

きっと琴子と入江くんの“HAPPY END”の現在進行形はこれからもずっとずっと続いていくんだろうなぁ☆
そう思わせてくれる素敵な終わり方でした


その他の皆もそれぞれの幸せをみつけたようでv
駆け足ではありますが、少しずつ皆のその後が描かれてました。

えと、5:00になっちゃったので、と、とりあえず寝たいと思います(笑。
おやすみなさーい

***

違和感のないイタキスらしい最終回でほっとしました。
欲を言うなら、やっぱり多田先生の画でじっくり読みたかったなぁ、と。
でもとりあえず、ひとくぎりといった感じですね。

この素敵な物語を生んでくださった多田先生と、ご自身の悲しみを乗り越えてこの未完の名作を
アニメという形で完結させてくださった、旦那様の西川さんに感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました!

来週の番外編はたぶん、入江くんの実家へ挨拶に行くお話ですね。
琴子が入江くんのおじいちゃんに嫁として認めてもらうため、あけびを取りにいったり、
ご先祖さまに会ったり(笑)と奮闘するエピソード。
個人的には琴子のお母さんの実家編も好きなのですが、季節柄や楽しさ、簡潔さを考えるなら
やっぱりこっちかな(笑。
うーん、琴美ちゃんを連れて三人で里帰り?する途中、琴子が最初に行ったときのことを
回想する、とかいう形にするのかな?
最終回に関しては、監督もいつもと違うタッチで描いたとおっしゃってたので楽しみです☆
 
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。