『金色のコルダ』特別編読みました~☆

ということで今回は残念ながら特別編でしたねー^^;

まあそれもこれも、この後起こるであろう熾烈な香穂子争奪戦の序章と思えば

どうってことありませんww

では以下ネタばれありのため、ご注意くださいませ~☆




***

今回、表紙はロミオ達(笑)に扮した男性陣がジュリエットな日野ちゃんに

愛の告白?をする場面のようです。

加地くんはとにかくプレゼントの山、柚木さまは大きな宝石のついたリング、
火原先輩はうさぎのでっかいぬいぐるみ、志水くんはホールのケーキ、
そしてつっちーは花束…とそれぞれ「らしい」アプローチをしてるのですが、
我らがつっきーは…

あ、そっぽ向いてる…orz

だめじゃん!!…と思ったのですがじつはよーく見てみると、ふっふっふっ…

もってるじゃありませんか、左手にバラの花を一輪…v

きゃー!!さっすが正統派☆←え

「どんなアプローチがお好きですか?」

って、あおりに書いてありますが…そんなの聞くだけ野暮ってもんよ!!

つっきーだったら花がなくたってかまわないわっ!!

逢いにきてくれるだけで嬉しいもの♪(誰?)

ということで表紙だけでひとしきり妄想させていただきましたw

ごちそうさまですv

さて、本編は前回の続き、つっちー、加地くん、香穂子の三人が

つっきーに差し入れと称して嫌がらせ?をしにいくところから。

「失礼しまーす」

と、つっきーのいる練習室に突入する三人。

「…練習の邪魔を」

と明らかに怪訝な表情のつっきー。

とりあえずタコ焼きを勧める香穂子でしたがタコ焼きをみて不思議そうな顔をする月森氏。

どうやらタコ焼き、知っているけど食べたことはない、だそうで。

…どんだけかわいいんだこの子は!!ww

それを聞いた香穂子は…

「じゃあ…ハイ」

とタコ焼きを楊枝にさしてつっきーに「あーん」と食べさせてあげようとします!!

きゃー!!

***

一瞬、戸惑った表情を浮かべたものの、すぐに

「…ありがとう」

と微笑んで香穂子が差し出したタコ焼きを素直に口にする月森。

「…こんなに美味しいものだとは知らなかった。

日野…君と一緒だからかもしれないな―‥

君と食べるとどんなものも美味しく感じる。」

「そ、そうかな?」

「ああ。では、次は俺の番だな…」

***

…なんて展開にはなりませんでした。。

なにせお邪魔虫が二人もいますからねw

ということで残念ながらタコ焼きの食べさせあいっこは、つっちーの

「いやいやいやいや「ハイ」じゃねーだろ…日野」

という冷静なつっこみによりおじゃんに(笑。

ふん、自分がしてもらったら嬉しいくせに~☆

にしても日野がつっきーに「ハイ」をしたときの男性陣の表情が三者三様で面白かったですv

そしてすかさず「いいなー僕にもソレ!ソレやって日野さん♡」

とリクエストする加地くんでしたが今回はつっちーにしっかり阻まれてしまいますw

「ほら食え」

とタコ焼きを差し出すつっちーに「えっ!?えええええ違うっ ソレじゃなあああああいっ」

という加地くんの悲痛な叫びがこだまし…^^;

そうこうしてる間に話題を変え、つっきーに文化祭はもう回ったかをたずねる香穂子。

「いや」

という答えを聞き、嬉しそうに「それじゃあみんなで一緒にまわろうよ♡」と提案をします。

なんてかわいいんだおい。

描かれてはないけどこの表情みてきっとつっきーまた惚れ直してますってv

その後、4人で火原先輩と柚木先輩の執事喫茶、

志水くんのお化け屋敷を覗いて巡回は終了かな?

あ、焼きそばの模擬店の前に衛藤くんはっけーんww

あまりにも背景に溶け込んでて気づかなかったわ。呉先生てば、お茶目♪

そうして歩いている途中、つっきーと横に並んだ香穂子はずっと気になっていた質問をします。

「ねえ月森くん」

「…何だ?」

「月森くんは…後夜祭 予定あったりするの?」

「後夜祭?」

「ホラ 誰かと踊ったり」

「踊る…?なんのことだ?」


おお!月森氏、後夜祭のダンスイベントすら知らなかったようです!!

それを聞いた香穂子はほっとしたような表情で、

「…ううん」

と答えます。

そんなに嬉しいかー!?ってな感じですねv

もう香穂子の心は月森くんへまっしぐら、って感じですねぇ♪

楽しすぎるw

そして、それを気にするつっちー。

話の内容が聞こえたのかどうかはわかりませんが、

「おーい日野 はぐれんなよ」

と声をかけます。うーん、これまたさりげなくけん制ですねぇ。

そして「ごめーん待って」と追いついた香穂子になんと

「ハイ」

「ほら」


と加地くんとつっちーが同時に手を差し伸べたではありませんか!!

なんて美味しいポジションなんだ香穂子!!

羨ましすぎるw

それをみて一瞬驚いた表情をした香穂子でしたがすぐににっこり笑って

二人の腕をとり、「両手に花?」といってうまーくかわしてしまいました☆

うまいですねーv香穂子ってば、なんて罪な女の子なのでしょうw

でもこんな両手に花ならやってみたいかもww

そんなこんなで嵐の前の静けさ、な特別編終了です!

さてこっからはこんなのんきなことはしてられませんからね~☆

次号こそは息をのむような熾烈なダンスバトル(笑)をお願いします!呉先生っ!!
  
うーん、楽しみ♪

***

☆私信☆
ティアラさん、いつも素敵なコメントをありがとうございます
体調のほうはもうよろしいのでしょうか?くれぐれもお大事になさってくださいね?
またまたお返事遅くなってしまいそうですが、いましばらくお待ちいただけると嬉しいですv
よろしくお願いいたします☆
 
 
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment