『金色のコルダ』第67楽章読みました~☆その2

では、さっそく続きを…☆
2回にわけておりますので、前回の感想からお読みいただけると嬉しいですv
以下ネタばれ満載のためご注意ください♪












***



突然、月森くんに背中から抱きしめられ、


「―ちょっ…月森くん!?」


と戸惑いを隠せない香穂子。
顔を真っ赤にしてますねー☆
まぁ、あの奥手の月森くんが突然最終奥義(笑)を繰り出したわけですし、
動揺するなってほうが無理ですよね♪

その状態のまま、月森くんは言葉を続けます。

「そうではないんだ…」


え…?



「…明日なんだ

明日発つんだ……だから」




…え?

―…明日…?





ということで、その甘いシチュエーションとは裏腹に
月森くんの口から告げられたのは悲しい事実で…。


香穂子が呆然としている間にはっと我に返った月森くんは、

「すっ……すまない…」

と香穂子から離れます。

しかし、香穂子の頭の中は月森くんに抱きしめられた、ということよりも
月森くんが明日発つ、という事実のほうが衝撃だったようで…。


「ちょっと…待ってよ 月森くん……」

…今日私がここに来なかったら…
黙って行ってしまうつもりだったの?」



と月森くんを振り返って尋ねます。
そして無言のままの月森くんの表情から、それを読みとった香穂子は
寂しげに微笑むと

「…まあ 私に言う必要なんてないもんね」

と言い残し、「帰るね」とその場を後にします。
もう、なんてもどかしいのかしらっ!?
某腹黒先輩某ストーカークラスメイトじゃあるまいし、
月森くんのこの行為がどれだけ重いものか冷静に考えれば一発でわかりそうなものですが。。
同じ背中からぎゅっ…のシチュエーションでも人によってその意味合いは違いますからね…w
あえていうなら…


〇木先輩の場合…からかう。









〇地くんの場合…スキンシップ。









月森くんの場合…結婚してくれ!


みたいな?(違うと思う)

えと、話を戻しまして。


その場で俯く月森くん。
ちょっと!今すぐ追いかけて誤解を解きなさいよっ!!

…と言いたいところですが、まあ恋は障害があってこそ盛り上がるというもの☆(おい)
こんな無自覚さん×2はほっとくといつまでたっても進展しなそうなので
これくらいの刺激は必要かもですね。


そして、そのままとぼとぼ歩き続ける香穂子。

―…そんな大事なことも 言ってもらえないんだ…

「…明日って」

そんなのって……



ということでやはりかなりショックだったようですねー。
そしてそんな香穂子の前に怪訝そうな表情で立つ人物が…。
フフ…なんと我らが当て馬?土浦くんではありませんか!
うーん、ありえないほどのタイミングの良さですね。
どうやらコンビニの帰りだったようでww
そんな土浦くん、すぐに香穂子の異変に気づきます。

「ひでえ面。ブサイクになってんぞ」

といいながら、やれやれといった顔でため息をつくと、

「日野…何があった?」

とストレートに尋ねます。
たぶん、どこかで察してるのかもしれませんね。。
それが月森がらみであることを。

しかし、香穂子はその問いに答えず、

「それより優勝おめでとう 土浦くん!すごくよかったよ」

と話題を変えます。
しかし、つっちーは騙されませんねーw

「無理すんなよ」

と言って、香穂子の鼻をつまむと「すげー顏」と笑ってます。
こういうとこ、つっちーって鋭いですよね。
やっぱり好きな子のことだから、でしょうか。


ところが、それに対して怒る香穂子と軽く謝る土浦…という
一見じゃれているようにも見える場面を
なんと香穂子を追いかけてきた月森くんが目撃していて―…!?


ということで次号へ続く、なのですがこの後どうなるのでしょう??
き、気になります><

最近、月日プッシュの急先鋒?となっている土浦くんが香穂子から一部始終を聞き…

①(告白せず)自分が月森くんの本音を代弁する。→香穂子の誤解がとける
→コンクール後、空港でラブラブにv

②(告白する)「俺はおまえをあいつに譲るつもりはない。」
→香穂子は月森への恋心を自覚。→コンクール後空港でラブラブにv


あたり、王道で悪くないかなぁと思うのですが。。
私としては土浦が告白してるのを見て月森くんが思わず飛び出す、という
萌え萌えシチュエーションを激しく希望するのですがw

「ちょっと待ったーっ!!」的な?(古いから)

でもたぶん、ダーリンの場合土浦が告白するのをみて、
香穂子の返事を聞く前にUターンして帰っていきそうな気が…^^;

ここはやっぱり、譲らないでいただきたいのですがっ!



「すまない…土浦。

彼女の…日野のことだけは、譲れそうにない―。」



とかね♪


***


と、あわわ…またしても5時に…orz
妄想が止まらなそうなので、この辺にしておきたいと思いますw

長文にも関わらずここまでお付き合いくださいまして、本当にありがとうございました。
また、前回の感想に温かい拍手をくださった皆様、本当にありがとうございます(感涙!
ふつつかものではありますが、これからもよろしくお願いいたしますね☆

  
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment