『金色のコルダ』第37楽章読みましたー!

 
はい、結局CD欲しさに今月もLaLa買っちゃいました。。
CDのほうは…つっちー編のダイジェストでちょっと短かったかも?
にしても柚木先輩の声を聴くとどうにも笑ってしまうのですが(笑。。

*****

では感想いってみたいと思います☆

まず表紙♪つっきーが!つっきーがメインです!!
かっこいいvv
あと志水くんもかわいいですねー♪

「ここで逢おう。……きみと。」

ええ、貴方に会えるならどこへでも行きますわ!!(あほ)

本編は気になる遊園地デート後半戦…だったのですが、やはりつっちーメインでしたねー。
うーん、残念。

遊園地の帰り道、楽器店へ寄る4人。
いずれは海外に行くんだろ?というつっちーに「ああ…」と即答のつっきー。
ああ、なんて寂しいのかしら。

楽器店でピアノを弾きながらこれまでの香穂子との思い出を回想するつっちー。
そして香穂子への想いを確信する。

―あいつの存在がこんなに大きくなるなんて 思わなかった……

つっちーのピアノが香穂子へと向けられていることを悟ったさっきーは、意外にもあっさりと身を引きます。

「梁太郎のことよろしく…ね?」

と。一方、つっちーは穏やかな表情でさっきーに自分の本心を告げます。

「あいつが好きだ……」

ほほう。火原先輩に続き、ラブ自覚二番のりですねー!
こうなるとやはり待たれるのはつっきーですが。。時間かかりそうですね…。

帰り道、恋愛の音楽に与える影響について語ってましたが、どうにも他人事のようでしたし(笑。
にしても、今回のデートはここまでかな?残念です。。
とはいえ、つっきーと一緒に電車で帰ってみたいものですv

次号は火原先輩メインなのかな?
ちなみに予告ページの志水くんがメガネかけてて福山さんみたいでした(笑。
 
LaLa (ララ) 2007年 04月号 [雑誌] LaLa (ララ) 2007年 04月号 [雑誌]
(2007/02/24)
白泉社

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment