スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖田総司忌

おや?

ここんとこブログ更新の頻度がアップしているような…

いないような…??(どっちだ)

と、それはともかくw

きのうはグラロデの野音ライブだったのですが

それも込み(笑)でとっても密度の濃い一日になりましたねー。

***

―さかのぼること2日前。

ライブ開始時間までどうやって過ごそうかと

あれこれ思案していたわたしの元に

ある驚きの情報が舞い込んできました…


なんと、六本木で年に一度の沖田総司忌がおこなわれると

いうではありませんか!?

こ、これはいかないわけにはいかない…!!

ということで急きょ、Sさんと一緒に早起きしていってまいりました。

偶然ライブの日と供養の日が重なっていたことにまずびっくりでしたが

野音が日比谷、お寺が六本木という近さだったことにもびっくりしました。
 
それもこれもきーやんのお導きか…?(違)


あまり詳しいことはわからないのですが

過去、このお墓参りに際してマナーの面などで

いろいろ問題が生じたため

お寺などにご迷惑をおかけしないことを条件に

今は年に一度、限られた時間内でお墓参りが許可されている

とのことでした。


じつは途中でお寺の詳しい位置がわからなくなり、

六本木ヒルズの付近で迷子になってしまったため、

駐車違反監視のおじさま方に道を尋ねて困らせていたところ

偶然、そばを通りかかった落ち着いた雰囲気の素敵なお嬢さんが、

「あの…そちらでしたら、今私行ってきたのでわかりますよ。」

と声をかけてくださったではありませんか!?

ええっ?と驚き、そのお嬢さんをみるとバッグには薄桜鬼の沖田さんの

チャームが…!

ええ、やはり持つべきもの?は同志ですね!!

ええ、余計な言葉なんていらないんです。

ふふ、なにも言わずとも分かり合えるってなんて素敵なのでしょう!

ということで、多くは語らず「沖田さん、ですねv」とだけいって

道を教わったあと、彼女にお礼をいって別れました。

お嬢さん、その節は本当にありがとうございました!

おかげさまで無事にたどりつくことができましたv

とっても助かりました☆

 
専称寺

沖田さんの眠るお墓のある専称寺。
この沖田総司忌に関して、
確認などの連絡は一切してはいけないそうですので
もし行こうかな?とお考えの方はご注意くださいませ。 

沖田家累代之墓

こちらが沖田家累代之墓。
事前に撮影の許可が下りていたため
お言葉に甘えて撮らせていただきました。
墓石には「沖田総司藤原房良之墓」とあり近藤さんのことなども
刻まれていました。

沖田さん

こちらが沖田さんのお墓。
戒名は「賢光院仁誉明道居士」だそうです。

私たちが最後のほうだったため、
すばやく、でも心をこめてお参りしてきました。
老若男女いろんな方がいらっしゃっていて、
あらためて沖田さん人気を実感しましたねー。

歴史、小説、アニメ、ゲーム…きっかけは何であれ、
さまざまな人が、かつて己の命を精いっぱい生きた先人に
共感し、また敬意と親愛の情をもって
こうして同じ場所に集う…ってじつは
すごいことなのではないかと思います。

***

またぜひお参りにいきたいです。

これからもこの総司忌、ずっとずっと続くと良いなぁ。

 
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。