女神に捧げる鎮魂歌☆。*・.*

 
はい、読みました~!!
以下、若干ネタバレのためご注意くださいませ~♪

*****

感想を一言でいうなら、きゃぁぁぁーっっvvてな感じでしょうか(笑?
いや、もう最高でした!!うーん、思えばここまで長かったですね。。
でもそのぶん、感動もひとしお?といったところでしょうか。
まさか、ここまで急展開になるとは…!!

おめでとうエドガー!粘った甲斐あったわねぇ(笑!!(近所のおばちゃん状態)
ふふ、次の巻では必ずやラブラブな2人が見られるものと信じています☆

ただ、プリンスとの直接対決も目前だし、谷先生のあとがきの雰囲気からも、もしかしたらあと2、3冊で終わっちゃうのかなー?という感じが(涙。。
ぜひコラフェリのように「伯爵と妖精ハネムーンミステリーv』とかやってもらいたいですねー!

にしても、リディアにプロポーズを受けてもらえたことを誰にも信じてもらえないエドガーが笑えました(笑。
肝心な時にアーミンの名前を呼んだ件(笑)についてもとりあえず、リディアへの愛ゆえということなので、今回は大目にみてやろうかと…。
エドガーも腹をくくったようだし、当分?エドガーをヘタレと罵らずに済みそうです(笑。
 
そして今回のもう一人の主役は意外にもレイブンでしたねー!
(エドガーに)一途なレイブンがかわいくてかっこよかったですv
レイブンの正体にはびっくりしましたが。。
おそらく、このことがこれからのエドガーにとってかなり重要になってくるのではないでしょうか?
さて、エドガーと晴れて両想い…?になれたリディアでしたが、行きがかり上、スコットランドへケルピーと行くことに…。
果たしてケルピーは素直にリディアをエドガーの元へ返してくれるでしょうか?
でもケルピーにはこれからもリディア愛☆で頑張ってもらいたいしなぁ。。
難しいところですねー。
リディアパパもなぁ。エドガーの口から結婚なんて言葉を聞いたらどんなリアクションするんだろう?
うーん、今から楽しみです☆
 
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment