ただ 貴方を―…

ひさびさに


もう本当にひさびさに?


自由に動くことのできた一日でしたw


ので急きょ、


劇場版『薄桜鬼 第一章 京都乱舞』


観てまいりました~!!


いやー!良かった!!


いろいろとv


ネタばれのない範囲で感想をちょっぴり書いてみたいと思うのですが…


やはりちょっぴりあるかも…?なので(笑、


一ミリでもネタばれはイヤよ!という方はご注意くださいませv

















***




えっと、まず観終えた直後の感想は…



土方さん、かっこよすぎるっ!!!!!!


でしょうか。


あと左之さんもv


大人の男ってス・テ・キ♪


って感じすね。


惚れてまうやろー!?的な?←



愛しの斎藤さんは寡黙なお人なので


こういうスピード感のある端折った展開では


あまり目立たないのがちょっぴり残念でした。



まあ、キャラ的にやむなし、ですね。



テレビ版との大きな違いは


あまり個々に焦点を当てすぎていない点でしょうか。


まあ、あれだけキャラが多いと一人一人のエピソードを


掘り下げている時間がないので当然といえば当然でしょうが。。


とにもかくにもがっつり土方さんルートでした!


あの短い時間内だと他の隊士に目移りしてる暇なんでありませんし、


ストーリーがブレてしまうので、むしろこれでよかったと思います。


でもその分?テレビ&ゲームより土方さんの糖度高めで


よかったですねー♪


いやー、もうきゅんきゅんしましたよv


千鶴ちゃんも普段と違って何かっちゃ、好戦積極的に


小太刀に手をかけててびっくりw


でも守られてばかりなのは嫌!という気持ちがよく表れていて


よかったかな?と。


映像もとっても綺麗で素晴らしかったですねー!


微妙な陰影にもこだわってあって、毎回心の中でおおー!と


感嘆しておりました。


またDVDになったらじっくり見直したいなぁ。


とにかく、100%新作映像ということで、


劇場版にありがちなテレビ版のダイジェストでもつぎはぎでもなく、


本当に鮮やかに、新たな「薄桜鬼」を描いた映画に仕上がっていたように


思います。


なんだかキャストのコメントのようですが(笑、


すでに全シリーズ制覇している方でも、まったく薄桜鬼を知らない方でも


楽しめる内容になっていると思うので、ぜひたくさんの方に観に行って


いただきたいです!!


ああ、また観に行きたいなぁv


やっぱり大スクリーンで観る斎藤さんは格別ですもんvv(おい)


とにもかくにも、あらためて薄桜鬼に出会えてよかった、


そうしみじみと感じさせてくれる映画でした。


うーん、今日は斎藤さんか土方さんか左之さんの夢、みれないかしら…?←

薄桜鬼☆
今日の収穫~♪
カズキヨネさんの画、相変わらずため息がでるほど美しいですv


 
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment